院長からのメッセージ

井手下院長

私が医師として広島市民病院に勤務していたころ、お体が不自由になられた多くの方が、ご自宅に戻られることなく、人生の終末を迎えられるのを見てきました。そのような方が安心して家で生活できる在宅医療・介護サービスの実現のために、いでしたクリニックを開院しました。

当院では、職員のことを「人材」ではなく「人財」と呼びます。それは優秀な職員こそが財産である、と考えるからです。お客さまはもちろん、いでしたクリニックで働くみんなが幸せになれるサービスの実現を目指しています。

医療・福祉・介護の八つの施設を抱える、いでしたクリニック。他の施設には無い、幅広い経験と技術を身に付けることができるのが特長です。また医療・介護に関する勉強会の開催やサービス向上のための研修会への参加など、職員の成長の機会を積極的につくっています。

「最高のサービスは最高の人財が生む」と考えるからこそ、前向きで向上心を持った職員へのサポートは惜しみません。

「日本一の医療・福祉・介護サービスを実現する」いでしたクリニックと、あなたも共に成長し、歩んでいきませんか。

いでしたの魅力

すべてが成長の糧
さまざまな医療現場で幅広い経験ができます

いでしたクリニックは医療部門と福祉・介護部門の相互を連携し、地域の皆さまのニーズに合わせて、八つの施設とサービスを展開しています。

自分の専門分野を生かしながら、グループ内の医療現場において、さまざまな状況のお客さまと向き合うことで、さらに幅広い経験とスキルを身につけることができます。

いでしたの魅力

技術と心を磨く教育体制

いでしたクリニックでは、専門知識と確かな医療・介護技術はちろんのこと、やさしさや思いやり、笑顔など、「人間力」を兼ね備えてはじめて、お客さまに心から満足してもらえる本物の医療・介護を提供できると考えています。そのために、充実した研修・教育体制を整えています。

医療や介護の専門知識を深めるための定期的な勉強会の開催や、スタッフの外部研修への参加にも積極的です。そして、外部講師を招いてのマナー研修や論語の素読会など、お客さまへのサービス向上のため、人としての基本を磨く学びの場を多数設けています。学ぶ意欲の高いスタッフが多く、日々の仕事の中でも、お互い刺激し合い高め合っています。

医療技術向上のための取り組み

  1. 医療勉強会
    医師による医療知識向上の勉強会
    (肥満予防、高血圧、脳梗塞、褥瘡など)
  2. 医療事務勉強会
    医療事務知識についての勉強会
  3. 介護保険事務勉強会
    介護事務知識についての勉強会
  4. 介護技術向上勉強会
    外部講師を招いて、移乗や入浴など介護に関する技術指導
  5. レクリエーション技術向上勉強会
    外部講師を招いて、デイサービス・デイケアで行うレクリエーション方法の勉強会

サービス向上のための取り組み

  1. 接遇勉強会
    外部講師を招いて、職員の接遇向上の勉強会(あいさつや笑顔の練習、お客さま応対のチェック)
  2. ホスピタリティ→サービス化勉強会
    お客さまへのおもてなしの共有・サービス化の勉強会。各職員が実際に行った実例を討論し、水平展開する
  3. その他外部研修参加
  4. その他多くの研修会が用意されている

学会発表

いでしたクリニックでは、日々の技術の研鑽や改善の取り組みの成果を学会で職員が積極的に発表し、高い評価をいただいています。2012年の学会発表のうち、一部をご紹介します。

2014年

演題 発表日 学会名
笑いヨガの効果について 2014/11/16 第32回 安佐医学会
学習療法の効果について
お客さまの目標づくりの効果について
リハビリ目標づくりの効果について
品質向上プログラムの効果について
回想療法の効果について
肥満治療におけるダイエットノートの効果について
肥満症と抑うつ症について
「花みずきの家生き生きわくわく活動」について
(実績交流会にて優秀賞受賞)
2014/9/14 NPO大会
ホスピタリティのサービス化について
地域包括ケアでの通所リハビリテーションの役割 2014/9 在宅ケアを支える診療所・市民全国ネットワーク
第20回 全国の集いin岡山2014
いでしたクリニックのマイスター制度について 2014/2/16 広島県病院学会
デイサービスで、ご利用のお手伝い活動の効果について
デイサービスでルーレットを使った、リハビリ意欲向上活動について
デイサービスで浄書提供による地域連携強化とその成果
重度認知症患者デイケアの情報提供による、
地域連携強化と成果について
通所リハビリテーションにおける
ステッププラス・エクササイズの取り組みについて
通所リハビリテーションにおけるロコモ対策の効果について

2013年

演題 発表日 学会名
「アルツハイマー型認知症の重度認知症デイケアにおける経過」-気働きカルテを活用した観察 2013/12/5 第37回 中国四国精神保健福祉学会
糖質制限食の実践 2013/11/11 第31回 安佐医学会
ダントツサービスの開発について 2013/9/22 NPO法人在宅ケアを支える診療所・市民全国ネットワーク
第19回全国の集いin新潟2013
ロコチェックとロコモ度テストの結果について
笑いヨガについて
脳活性レクリエーション実践について
ロコモーショントレーニングについて 2013/7/26 第5回 アンチエイジング臨床データ報告会
ロコチェックと転倒不安に関する検討 2013/6/30 第13回 広島転倒予防セミナー

2012年

演題 発表日 学会名
栄養士から見たカロリー制限による体への影響 2012/11/18 第30回 安佐医学会
指尖脈波を用いた不安・抑うつ状態の治療経過における
自律神経機能の検討―第3報―
2012/11/15 第36回 中国・四国精神保健学会
アルツハイマー型認知症の重度認知症デイケアにおける経過
―「気働きカルテ」を利用した観察―
お客さま助け合い活動の成果について 2012/09/16 第18回 全国の集いin 高知2012
くもん学習療法の成果について
人財育成について
気働きカルテの成果について
人間性向上教育について
指尖脈波を用いた不安・抑うつ状態の治療経過における
自律神経機能の検討―第2報―
2012/05/25 第53回 日本心身医学会総会

皆さまの幸せのためにあくなき挑戦を続けています

ハイサービス日本300

いでしたクリニックは、病院を訪れるお客さまはもちろん、ボランティアさん、スタッフ、そして地域の皆さまを幸せにしたいと願っています。 徹底した業務プロセスの明確化や効率化を行い、働きやすい環境を整えることで、スタッフ全員がお客さまへのサービスに集中できる体制を整えています。

このような取り組みが評価され、2007年には医療・介護業界で初めて「ハイ・サービス日本300選」を受賞しました。これからますます需要の高まる医療、福祉・介護の分野で、いつまでも元気に生き生きと暮らしたいと願うすべての人に、幸せと健康をお届けするため、あくなき挑戦を続けています。

いでしたクリニックで、私たちと一緒に、日本一質の高い医療サービスの実現を目指しませんか

いでしたクリニックの先輩の声を聞いてみませんか?

  • 先輩スタッフの声