自宅での療養をサポート 訪問看護

訪問看護とは

訪問看護で、病気や障害をお持ちの方が、住み慣れた地域やご家庭で、その方らしく生活できるよう、専門の看護師などが、ご利用者のご家庭を訪問し、療養生活を看護の立場で見守ります。そして、適切な判断に基づいたケアとアドバイスで、在宅での療養生活が送れるように、支援します。また、医師や関連機関と連携をとり、さまざまな在宅ケアサービスを、サポートします。

サービス内容

  • 病状の観察
    病気や障害の状態、血圧・体温・脈拍などのチェック
  • 在宅でのリハビリテーション
    拘縮予防や筋力低下防止や嚥下訓練など
  • 医師の指示による医療処置
    かかりつけ医の指示に基づく医療処置
  • 床ずれ予防・処置
    床ずれ防止の工夫や指導
  • 認知症ケア
    認知症介護の相談・工夫
  • 介護予防
    運動機能低下や低栄養を防ぐアドバイス
  • ご家族等への介護支援・相談
    介護方法の指導・さまざまの相談対応
  • ターミナルケア
    がん末期でも自宅で過ごせるよう適切なお手伝い

お気軽にお問い合わせください。

電話:082-845-0211 担当:永野 寛子

訪問看護を利用するには?

訪問看護は医療保険、介護保険のどちらでサービスを受ける場合でもかかりつけ医の指示書が必要となりますので、いでしたクリニックにご相談ください。

スタッフ紹介

スタッフ紹介画像