いつまでも健康体で美しく!アンチエイジングドッグ

人は、40歳を境に、「さびる」「しぼむ」「硬くなる」という三つの「老化のサイン」が、目に見え始めます。
まずは、この「老化のサイン」に気付くこと、定期的にチェックして、自分の体を正しく知ることから、
アンチエイジングは始まります。

アンチエイジング画像
  • いつまでも若々しくいたい方
  • 自分の体の状態を正しく把握したい方
  • 老後を健康的に過ごしたい方
  • 健康に長生きしたい方

人間ドックとどう違うの?

人間ドックや検診は、病気を早期発見し、早期治療を目的として行っています。アンチエイジングドックは病気になる前に、自分の体の弱点や老化度(さび具合)を判断し、予防方法を提案する検査です。

アンチエイジングドックの流れ

当院のアンチエイジングドックについて説明します

ドックは予約制です。電話でご予約ください。
電話番号:0120-65-0211

ドック当日は食事を控えて、9時までにお越しください。

約4週間後に、検査結果の説明と今後のアドバイスを行います。

アンチエイジングドックメニュー

19,440円(税込み)
アンチエイジングドック

酸化ストレス度の判定とホルモン年齢の測定をします。
※検査料金には、報告書作成、送料が含まれます。
※どちらか一方の検査も受け付けております。

9,720円(税込み)
酸化ストレス度の判定

尿中8‐OHdG 尿中に含まれる酸化遺伝子(8-OHdG)を調べ、遺伝子(DNA)の酸化度(さび具合)を測定します。

9,720円(税込み)
ホルモン年齢の測定

IGF-1 人体にとって最も重要なホルモンの一つで、全身の筋肉や骨、皮膚、組織の成長を促すとともに、壊れた細胞組織の修復を行います。成人後は加齢とともに減少します
DHEA-s 免疫力を高め、ストレスホルモンに対抗して、細胞を守る作用があります。副腎で作られる全てのホルモンの源で、30歳ころから減少します
コルチゾール 全身の筋肉や骨、皮膚、組織の成長を促すとともに、壊れた細胞組織の修復を行います。ストレスホルモンと呼ばれ、ストレスの多い中高年期に上昇します
DHEA-s/
コルチゾール比
ストレスの指標とされ、その他にも、身体機能を反映する指標としても注目されています
 

63歳男性の方

定期健康診断は、1年に1回受けていますが、このたび初めて、いでしたクリニックでアンチエイジングドックを受けました。 検査結果を詳しく説明してもらいました。結果で低いものが、いくつかありました。結果に対して、サプリメントと食事と運動と睡眠時間について、指導を受けました。
生活習慣を変えて、サプリメントを飲み始めてから、体調が良くなりました。検査結果に基づいて、サプリメントを飲んだり、いろいろ指導していただけるので安心です。1年後もまた受けてみようと思います。