住み慣れた自宅での生活をサポートします。在宅医療連携室

地域連携室とは

住み慣れた自宅で安心して療養し、自分らしい生活を送れる環境を整えるために、各分野の専門スタッフが皆さまからのご相談に応じ、必要な情報提供やご提案をいたします。

3つの実現を目指しています。

サービス内容

1.交流

普段から皆さまとの交流を大切にしています。いつでもお気軽にお越しください。 また、皆さまに在宅医療や介護について深くご理解いただけるように、さまざまな普及活動を行っています。

    

2.相談

社会福祉士、精神保険福祉士、作業療法士、介護支援専門員、管理栄養士など、専門のスタッフがご相談に応じます。

① 医療・介護保険などの制度について
  
必要に応じて、医療・保険機関の紹介なども行います。
② 公的制度について
   
必要とされるサービスの開発、行政への提言、助成制度や成年後見制度の紹介など、多様な生活支援サービスの確保や権利擁護などを行います。
③ 認知症について
  
医療と介護が連携し、効果的な医療を提供いたします。
④ リハビリテーションや介護について
  
自立した生活を送るための身体機能を身につけるためのさまざまなプログラムをご用意しています。
⑤ 安心して暮らせる住環境の整備について
  
住宅改修や福祉用具利用などの工夫・改善案などをご提案いたします。

3.サポート

お客さまご本人だけでなく、その介護者さまにも安心して在宅医療を続けていただけるよう、サポートします。お客さまと介護者さまが望まれるサービス(ニーズ)の確認を行い、最善のサービスを共に考えます。

お問い合わせ

電話:082-845-0495 担当:高重

スタッフ紹介

スタッフ紹介画像